2012年06月17日

こんなショップは嫌だ!(ストリング編:その1)

前回は、ラケットはストリング施工の際にも傷むことを書きましたが、今回の内容はテニスショップを選ぶ基準についてです。

(ラケット本体)

まず、自分のラケットをよ〜く観察して下さい。

@ストリングにクランプ(張り上げる時にストリングをはさむ道具)のが付いている
  
  ・張り終わった時点で、ストリングは損傷していることを意味します
  
  ・マルチフィラメントの場合、1本ごとの細かい糸が切られていることになります
  
  ・耐久性が悪くなります

Aナチュラルガットで張上げ直後に白濁している
                   …張上げ直後は透き通っていなければなりません
  
  ・1本ごとの細かい糸が切られ、かなりのダメージを受けていることになります
  
  ・高額なナチュラルガットが台無しです  

(結論)

@及びA共に、正規の仕上がりではないためクレームの対象になります
  
  ○ラケットを受け取る際に必ず仕上がり状態を確認し、張り直しを要求しましょう
  
  ○張り直しに応じてもらえない場合、返金を頼んでみましょう

その際のショップの応対は、
  
  ○その状態が普通であり、クレーム対象にはならない

  ○ほかのショップで張っても同じ

このような対応しかしてもらえないショップとは、付き合うのを止めましょう

ラケットでボールを打つ際、ストリングとボールの接触時間は、3/1,000〜5/1,000秒しかありません。

そのわずかな時間で、ボールのスピード、回転量、方向をコントロールしなければならないのです。

適正な仕上がりがあってこそ、思い描いたボールを打つことが可能ですし、ひいてはプレーレベルが上達します。

ストリングの仕上がりにこだわらなければならない理由は、ここにあります。

テニスショップを捜してみようかな、と思われた方は、以前の記事をヒントにしてみて下さい。
posted by honey-pooh at 13:38| Comment(0) | テニスショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。